透明水彩絵の具と私の出会いの話

透明水彩を初めて手にしたのは学生の頃だったと思います。美術の授業で一式揃えさせられました。
本気で取り組み出したのはここ数年です。

ある日ふと目に留まった水彩で描かれた絵がとても印象的で、そう言えば家にあったなと思い出し、もう古くて固まりかけていた水彩絵の具と道具を引っ張り出しました。
初めは全く上手く描けず、紙も水彩紙など知りませんでしたから普通の画用紙に描いたらボコボコになってしまったりもしました。
そこから色々とネットや参考資料などを見ながら練習しています。

多彩な色を自分で作ったり、予期せぬ良いにじみが出来たりと飽きません。
また、紙によってもにじみ方や色の発色が異なり、筆によってもかなりの違いがある事もわかってきました。
同じ色でも絵の具のメーカーによっては全く違う色で、集め出したらキリがありません。混色に至ってはまさに無限に色が作れてしまうのです。
塩を使った技術や、マスキング、その手法も様々でやればやるほどまだまだ勉強不足を感じますが、とてもよい人生の趣味を見つけたと思っています。