ファッションセンスと秋の空

ファッションの流行というのは実は2年か3年で入れ替わると言われています。

だから、新しい流行を取り入れるのが早いほど、長くその洋服を着れるというわけですね。例えば今年はポロシャツが流行るとしたら、今年からポロシャツを導入すれば、向こう3年はそのポロシャツが流行の一部としてオシャレになるわけです。

しかし、流行り出して3年後にポロシャツを買ってしまうと、もう流行は終わりかけなので、翌年にはヘタするとダサいとか古いとか言われる可能性があります。

オシャレをしたいのであれば、ファッションショーとかをよく見るといいですよ。ファッションショーというのは奇抜なものを着ていて、そんなもの普段着れるかよ、と突っ込みたくなるのですが、実はそんなことはありません。

ファッションショーは、流行するであろう服を大げさなデザインにしているだけなので、全体的にダボっとしていればビッグシルエットが流行るということだし、小さいバッグを持っていればミニショルダーバッグが流行るというような感じです。

さらに柄物が多くなっていれば、シンプルより柄物が流行るし、あまり柄物が無ければシンプルなノームコアが流行るという感じでしょう。

そういう見方をすればファッションショーも面白く感じるはずです。

ただ、ファッションを趣味にしてしまうと、流行がどんどん変わってくるので洋服が溜まっていく問題があります。

ファストファッションを利用すれば洋服は安く買えますから、どんどん流行のアイテムを買ってしまうのですが、家のクローゼットやタンスが洋服であふれてしまってどうしようも無くなります。

また、そういったおしゃれな洋服というのは家庭で洗濯しにくいものも多く、クリーニング代がかさむという懸念もあります。

クリーニングでしか洗えないようなドライマークがついたものや、素材が使われていると厄介ですよね。

家庭でおしゃれ着用洗剤で洗濯してしまって、型崩れや縮みが起きたら最悪です。

最近はユニクロが品質も良くて、割と流行にも合わせたものを出しているのでおすすめなんですが、そもそも洋服への関心が減ってくる年齢に差し掛かってきたのでもはやどうでもいいかもしれません。

リネットの評判